« 東京がパレスチナだったら物語 | トップページ | 「電気止められ」灯したろうそくから出火、全焼 埼玉 »

2009年1月11日 (日)

鳥インフルエンザで警戒高まる 報道も過激に・・・

 【北京=野口東秀】北京市で5日、鳥インフルエンザによる初めての死者が出たことを受け、中国政府は鳥インフルエンザの拡大にこれまで以上に警戒を強めている。今月下旬の春節(旧正月)連休を前にすでに“民族大移動”ともいえる帰省ラッシュが始まっており、変異する恐れのある新型インフルエンザが発生すれば大混乱が起きると想定されるからだ。

 死亡したのは北京市朝陽区の女性(19)で、毒性の強いH5N1型ウイルスの陽性反応が出た。同市当局はただちに患者と接触した人の隔離や消毒などの予防対策を取り、現段階で新たな感染などは発表されていない。同市の衛生局幹部は「死亡した女性と接触した人が(女性の死亡から1週間後の)12日までに症状が表れなければ、感染を押さえ込んだことになる」と説明している。

 しかし、中国メディアによると、国家インフルエンザセンターの幹部は9日、「今後、鳥から人への感染例が1つ増えるごとに、人から人へ感染する変異型ウイルスが発生する危険性が増大する」と述べ、危機感をあらわにしている。中国では感染ルートが解明されないケースも多い。

 女性の死亡後、当局は交通機関での動物検疫や家禽類飼育場の検査、管理を集中的に強化したほか、加工処理場などでも検査を徹底している。

 女性が生きたアヒルを購入した北京市に隣接する河北省三河市の行宮市場では、生きた家禽を扱う一画を閉鎖して連日、消毒が続いている。同市と北京市との境界では道路や鉄道に検疫所が設置され、生きた家禽類の搬入を厳しく制限している。

 北京市では公園や広場、道路など多くの人が集まる場所で鳥の糞(ふん)を掃除・消毒する作業が始まった。担当部局は鳥の生息地などを把握する一方、ゴミ処理場での鳥の監視を強化。市民が死骸(しがい)などを見つけた場合は報告を義務づけている。

 一方で消費者への心理的影響も出始めている。北京市では鶏肉などが敬遠され、一部レストランでは北京ダックなどの売れ行きも落ち込んでいるようすだ。生肉を扱う市場では、家禽類を購入する市民はほとんどおらず、閑散としている。

2009.1.11 18:32 産経ニュース

鳥インフルエンザで警戒高まる 中国、春節帰省ラッシュ

日本でこれが流行したら、かなりの死亡者が出るのではないかという報道を、多く見かけます。しかし、「たかじんのそこまで言って委員会」で「恐怖か杞憂か“新型インフルエンザ”の正体!」という題名の放映で、実はそんなに恐れる必要はないとか言っていた。ほんとかなぁ。それに、よく通っている内科のお医者さんに聞いてみたら、「必ずしも、報道されているほどの猛威はないかもしれない」とも言っていた。あまり過剰に報道するのも考えものではないか。

|

« 東京がパレスチナだったら物語 | トップページ | 「電気止められ」灯したろうそくから出火、全焼 埼玉 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1145420/27035753

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザで警戒高まる 報道も過激に・・・:

« 東京がパレスチナだったら物語 | トップページ | 「電気止められ」灯したろうそくから出火、全焼 埼玉 »