« 絵が描けない理由でからマンガ家を諦める必要はないようだ? | トップページ | 東京がパレスチナだったら物語 »

2009年1月10日 (土)

女性刑務官、同僚の貯金箱から硬貨盗む

 佐賀県鳥栖市の麓(ふもと)刑務所の女性刑務官が、同僚の貯金箱から500円硬貨149枚(7万4500円)を盗んだとして、昨年10月に減給1か月(10分の1)の懲戒処分を受けていたことが分かった。

Click here to find out more!

 女性刑務官は処分と同時に依願退職した。

 同刑務所によると、女性刑務官は昨年、宿舎で相部屋となっていた同僚女性の貯金箱から、少なくとも18回盗んだ。同10月になって硬貨が減っていることに気づいた同僚が上司に報告。女性刑務官は刑務所の事情聴取に対し、「生活費に充てるために盗んだ」と認め、全額返済したという。

 同刑務所は事件や処分を公表せず、警察に通報もしていなかった。

 麓刑務所は九州で唯一の女性刑務所で、収容定員302人。刑務官の半数以上が女性という。

(2009年1月10日13時07分  読売新聞)

女性刑務官、同僚の貯金箱から硬貨盗む

なかなかの小悪党ですなぁ。でもばれては意味がありません。観念してお縄につくしかありません。この女性刑務所に入れらる・・・?ということはないでしょうなぁ。

|

« 絵が描けない理由でからマンガ家を諦める必要はないようだ? | トップページ | 東京がパレスチナだったら物語 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1145420/27004936

この記事へのトラックバック一覧です: 女性刑務官、同僚の貯金箱から硬貨盗む:

« 絵が描けない理由でからマンガ家を諦める必要はないようだ? | トップページ | 東京がパレスチナだったら物語 »