« ウクライナ首相は、プーチンの言いなりなのか? | トップページ | メキシコの麻薬事情、かつてのマフィアの世界だよ~ん »

2009年2月 1日 (日)

イラクに自己責任拡大要請、オバマ氏 米軍撤退へ布

 オバマ米大統領は31日、イラク州評議会選挙が順調に行われたことを祝福し、イラクが治安面を含めた将来への責任を担い続けるよう求める声明を発表した。

 オバマ氏は週明けにも、イラク駐留米戦闘部隊の「16カ月以内の撤退」という公約を踏まえた具体的な撤収計画を表明する見通し。声明は治安面の米軍依存を減らし、自立度を高める準備を進めるようイラク側に促した「布石」といえる。

 声明は、州評議会選は国連の支援を得ながらも「イラク政府が運営、組織した」と強調。イラクは自力で困難な仕事をやり遂げることができるとの認識を表明した。

 治安面も、イラクの警察と軍部隊が投票所を警備し安全な選挙の実施に貢献したと指摘した。(共同)

2009.2.1 11:39 産経ニュース

イラクに自己責任拡大要請、オバマ氏 米軍撤退へ布

オバマ大統領は、ブッシュが靴を投げつけられた理由をよくわかっているのですねぇ。

|

« ウクライナ首相は、プーチンの言いなりなのか? | トップページ | メキシコの麻薬事情、かつてのマフィアの世界だよ~ん »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1145420/27684354

この記事へのトラックバック一覧です: イラクに自己責任拡大要請、オバマ氏 米軍撤退へ布:

« ウクライナ首相は、プーチンの言いなりなのか? | トップページ | メキシコの麻薬事情、かつてのマフィアの世界だよ~ん »