« 最後の頼みは占師 | トップページ | 80歳男性ひき逃げされ死亡 東京 »

2009年4月 6日 (月)

中東情勢で協力訴え オバマ米大統領がトルコ訪問

中東情勢で協力訴え オバマ米大統領がトルコ訪問

 【カイロ=村上大介】オバマ米大統領は6日、トルコの首都アンカラで、同国のギュル大統領と会談した。

 オバマ大統領はこの後、トルコ国会で演説し、トルコの欧州連合(EU)加盟への支持を改めて強調、アフガニスタンやイラクの安定化、停滞の続く中東和平交渉などでトルコの協力を訴え、ブッシュ米前政権下で冷え込んだ両国関係の再活性化を狙う。大統領は、エルドアン首相とも会談する。>>続きを読む

 アフガニスタンの治安改善、米軍のイラク撤退、イランの核開発阻止などを中東での外交政策の重要課題として抱えるオバマ大統領は、民主的な議会制度が定着し、EU加盟を目指しながら、地域外交でも存在感を強めているトルコの重要性を認識。就任後初めての中東地域の訪問国にトルコを選んだらしい。

|

« 最後の頼みは占師 | トップページ | 80歳男性ひき逃げされ死亡 東京 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1145420/28999168

この記事へのトラックバック一覧です: 中東情勢で協力訴え オバマ米大統領がトルコ訪問:

« 最後の頼みは占師 | トップページ | 80歳男性ひき逃げされ死亡 東京 »