« ネットでの新型インフル薬品購入に注意 | トップページ | 16年五輪招致のマドリードがリオに謝罪 »

2009年5月 4日 (月)

ネパール首相が辞任

ネパール首相が辞任 毛派政権外で抗議デモ激化へ

 【ニューデリー=武石英史郎】ネパール共産党毛沢東主義派(毛派)議長で、同国の連立政権を率いてきたダハル(通称プラチャンダ)首相は4日、辞任を表明した。内戦時代の旧敵だった国軍トップを解任したことに対し、連立内部から離脱が相次ぎ、制憲議会で過半数の維持が難しくなっていた。 >>続きを読む

 4日午後、国営テレビで演説したダハル氏は「民主主義と平和を守るため、今日辞任した」と述べるとともに、連立を組んだ他の与党や野党、大統領への批判を並べた。毛派は今後政権外に去り、街頭デモなどを激化させる構えで、3年間続いた和平プロセスは重大な局面を迎えたという。

|

« ネットでの新型インフル薬品購入に注意 | トップページ | 16年五輪招致のマドリードがリオに謝罪 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1145420/29436145

この記事へのトラックバック一覧です: ネパール首相が辞任:

« ネットでの新型インフル薬品購入に注意 | トップページ | 16年五輪招致のマドリードがリオに謝罪 »